水に浸すと膨らむ土嚢袋|効率よく仕事ができる!

男性

汚れを防ぐシート

工事現場

塗装などの作業を行う際には、資材や用具、床が汚れてしまうことがあります。ですので、それを防ぐためには養生シートを使用します。このシートには色々種類があるので、機能性の良いものを選びましょう。

Read More

処理や準備がしやすい

複数の土のう袋

土嚢袋は、布性の袋に土砂を入れて使用する土木資材のことをいいます。この土嚢袋は、工事現場などでよく使用されるものです。水や土砂のあるところで使用するもので、何個も土嚢袋を積み上げることで、作業がしやすくなります。そのため、土嚢袋を使用している企業は多くあるのではないでしょうか。土嚢袋を使用する際は、布袋を持って現場で作業を行うことができます。袋を開けて土砂を入れて使用する個数分を作ります。この作業は一人で行うにはかなり時間がかかってしまうので、2人以上で行わなくてはなりません。使用する個数を作った後は、作業を行うところに運ばなくてはなりません。土砂が詰められているので、重量としては重いといえます。作業に取り掛かるまでにかなり時間がかかってしまいますし、スタッフに負担をかけてしまいます。少しでも効率良く作業ができるように、水に浸すだけで膨らむ土嚢袋があります。ですので、袋の土砂を詰める時間を短縮することができますし、スタッフの負担を軽減できます。ですので、作業にすぐ取り掛かれますし、生産性がアップし効率よく業務を行えるでしょう。

水に浸すと使用できる土嚢袋は、作業に使う時だけでなく、処分をする際にも楽だといえます。処分をする際には、塩化カルシウム溶液の中に入れて使用した土嚢袋を入れます。約20分くらい待てば脱水されている状態になるので、天日干しにして乾燥させます。乾いた後は、可燃ごみとして出すことができますし、処分に手間や時間がかかることはありません。通常であれば、産業廃棄物の扱いになるので、処理をする際には別途で費用が発生してしまいます。しかし、水に浸すと膨張する土嚢袋は楽に処分することができます。

コスト削減になる

工事

建設業者では、色々な機材を管理しており、作業をする時に使用することができます。その一つとして、足場といったものがあります。これがあれば、作業がしやすくなります。この足場はレンタルとして使用することができます。

Read More

作業が早くなる

工具

建設をする際には、ねじを埋め込んだり、資材を切ったりして作業を進めます。最近では電動工具式のものが出ているので、作業スピードを上げることができます。このアイテムを購入するのであれば、通販サイトを利用しましょう。

Read More